露出控えめネックラインのウエディングドレスで悩みをカバー

背が低いやぽっちゃり体型が気になるなど、コンプレックスを抱えているプレ花嫁さんも多いと思います。ウエディングドレスやブライダルインナーで体型はカバーできますが、顔周りに悩みを抱える花嫁さんはネックラインのデザインに注目しましょう。
 

露出をおさえたウエディングドレスのネックライン
 
ビスチェタイプやハートカットなど、肌で魅せるウエディングドレスも人気ですが、ナチュラルウエディングや格式ある教会での挙式では、肌の露出をおさえた方が会場にマッチしますよね。今回は、定番の露出控えめなウエディングドレスのネックラインを、コンプレックスカバーメリットと共に紹介していきます。
 
 
【ラウンドネック】
円形に開いたネックラインのラウンドネックは、Tシャツなどのファッションでもよく見かけるタイプで、カジュアルな印象になります。開きが少ないものはクルー・ネック。
 
開きが多いものをUネックなどとも呼ばれますが、華奢でドレスが似合わないという花嫁さんには、鎖骨が隠れるのでオススメ。また、縦に広がるタイプは顔周りが長く見えるので、首が短いや丸顔をカバーしてくれます。
 
 
【ボートネック/バトーネック】
ラウンドネックよりも、円形が横に広がり浅めのネックラインです。名前の由来になっている船底のような緩やかなカーブが鎖骨を綺麗に魅せてくれます。首回りの露出を抑えたデザインなので、清楚なナチュラルな印象になります。
 
首が長く胸元が寂しくなりがちな女性や、骨格をぼかしてくれるのでガッチリ体型で悩まれている女性にオススメ。
 

 
【スクエアネック】
空きの深さや浅さに関係なく、四角い形に切り抜かれたようなネックラインがスクエアネックです。上品でもカジュアルでも合わせやすいタイプになります。
 
四角いラインは角ばったイメージが強くなるので、エラが気になる女性やガタイが良い方は控え、丸みをおびた顔立ちが気になる新婦にオススメです。
 
 
【ハイネック】
寒い時期に入ると街中で見かけるようになる、首元まで生地が覆うハイネック。
首まで生地があると重たくなってしまいますが、ウエディンドレスでは首元からデコルテまでレースが使用され、素肌が透けているイリュージョンネックが取り入れられているので軽やかさや爽やかさが残ります。
 
また、ビジューなどの装飾や刺繍が施されたレースは華やかになり、露出を抑え品格もあるので、ブライダルシーンには取り入れやすいタイプです。
 
ハイネックは身体にフィットする印象が強まり、首が長いや短い。胸が小さいや大きいとデコルテ周辺に自信がない女性は、コンプレックスが強調されてしまうので他のタイプを選ぶのが良いでしょう。
 
まとめ
 
ウエディングドレスの種類は豊富で、ネックラインだけではなく、胸元の装飾やスリーブのデザインによっても印象が変わります。また、イヤリングやヘッドピースなどのブライダルアクセサリー。
 
ヘアアレンジやメイクでもコンプレックスをカバーできるパターンがありますので、お気に入りのウエディングドレスが例え自身の顔のタイプを似合わないとネット情報に載っていても、チャレンジ精神を大切にしていきましょう。