結婚式場のウェディングドレスと持ち込み料どっちがお得?

ウェディングドレスを選ぶ際に気になるのは料金。
結婚式場でレンタルすれば20万円以上の出費。
 
インターネット上でレンタルすれば、格安で抑えられるけど持ち込み料が発生します。
実際はどっちがお得か分からないといったプレ花嫁さんに節約法をご紹介します。
 

持ち込み料について
 
結婚式費用をできる限り節約するためにも、持ち込み料は必ず確認しておいた方が良い項目です。持ち込み料とは、式場が新郎新婦や他社から預った品の保管料として発生する料金になります。
 
 
相場としては、ドレス1着あたり5万円~10万円。引き出物が1点あたり300円~500円といったように、費用が発生します。また、ヘアメイクやカメラマン(映像・写真)など外注依頼した場合にも、持ち込み料が発生するので確認が必要となります。
 

 
持ち込み料が発生する理由も、提携業者側は式場の客である新郎新婦がその商品をレンタルや購入し売り上げが上がり、提携業者は式場にマージンを支払うシステムが出来ています。そのため、新郎新婦が提携業者を利用しなければ、式場側はマージン分の収益が見込めなくなります。それを補うものとして「持ち込み料」が発生することになるのです。
 
 
結婚式場によっては、持ち込むことすら認めない会場もありますので、どうしても着用したいドレスなどがあれば、式場を変更するか結婚式場のドレスを選ぶしかありません。
 
持ち込み料と式場レンタルどっちがお得?
 
結婚式場でドレスをレンタルする場合、大抵の方が一着あたり20万円~25万円の費用を支払いレンタルしています。カラードレスもレンタルすれば50万円近くの出費にはなるということです。
 
インターネットサイトのレンタルショップでレンタルすれば10万円程度には出費を抑えられます。これに持ち込み料金が最大10万円乗せられたとしても、結婚式場でドレスをレンタルする料金と変わりませんので、花嫁さんが着たいと思うドレスをレンタルして持ち込んだ方がいいですよね。
 
 
また、結婚式場を探している段階で持ち込み料の話をして交渉してみるのもありです。どちらで挙げるか迷っててといった話をすると、減額や場合によっては無料にしてくれる場合もあるようです。確かに結婚式場で式を挙げれば数百万円の利益が上がる中の数パーセント割り引いたとしても、利益が他の結婚式場に流れれば収益は上がりませんので、一度話に出してみるのはありかもしれませんね。
 
まとめ
 
結婚式場の持ち込み料は、契約前に確認しておくことが重要です。
また、結婚式場のウェディングドレスやアクセサリーなどのレンタル品の種類も見ておくのも大切です。
 
当日着たいドレスがなければ持ち込みになるでしょうから、全体的な内容を確認した上で式場を選ぶ参考にして、新郎新婦にメリットがあるように上手に交渉してみてはいかがでしょう。