季節感タップリのロケーション撮影。秋にオススメ自然の演出

前撮りでのロケーション撮影の魅力は、季節感を取り入れたオシャレな写真が撮れるところでもあります。
秋婚での野外撮影だけではなく、冬婚だけど秋に前撮りを行うプレ花嫁さんは、秋にしか撮ることのできない自然の演出を取り入れるのがオススメですよ。
 

秋にしかない特別な演出
 
秋は、涼しくなり過ごしやすくなるので、結婚式を挙げるカップルも増える季節でもありますよね。
そして、自然のグラデーションが華やかになる秋は、前撮りでのロケーション撮影が人気のシーズン。
自然の演出で季節感漂うオシャレな写真を残したいカップルには、自然をバックにした野外撮影がオススメ。
 
 
秋のロケーション撮影で人気なのは、カエデやイチョウなどの木々が織りなす黄色や赤のグラデーションが鮮やかなスポット。春夏秋冬どんな季節でも、自然しか作れない色彩は人々を魅了するものでもあります。
 
 
また、本番は純白のウエディングドレスで迎えるものの、着物も捨てがたいと前撮りでは和装で撮影を行う卒花嫁さんも多くいますが、庭園だけではなく紅葉も日本の和が映えるロケーションですよ。
 

 
紅葉以外にも、カラフルな落ち葉の絨毯にウエディングドレスで大胆に寝ころびながらの撮影や、秋をイメージさせる秋桜(コスモス)や金木犀(キンモクセイ)に竜胆(リンドウ)をバックに撮れば、涼しげな秋空の芸術作品のようなオシャレな仕上がりになります。
 
秋には落ち着いたウエディングドレス
 
秋をコンセプトにした写真撮影では、ウエディングドレスのタイプやブライダルアクセサリーのカラーなども考えてコーディネートをしないと、せっかくの季節感も台無しになってしまいます。
 
 
秋は、アンティークなどのレトロ調のファッションがとてもマッチするので、ウエディングドレスも落ち着いた雰囲気のものが似合います。刺繍の施された上品さ漂うクラシカルなドレスや、ナチュラルウエディングにも合う古代ギリシャの女神様を連想するシンプルなワンピースタイプも素敵な印象を与えます。
 
 
また、秋は肌寒いイメージがあるので、ビスチェタイプよりかは袖ありがマッチします。羽織ものを使用するならばボレロなどの定番アイテムだけではなく、秋らしくオシャレに決まるチェックシャツやカーディガンもオススメですよ。
 
まとめ
 
煌びやかなスタジオで撮る前撮り写真も結婚の華やかさが出て素敵ですが、自然が作り上げたキャンバスをロケーションとする撮影は圧巻です。イチョウ並木や落ち葉が舞う屋外撮影で芸術の秋を取り入れてみてはいかがでしょうか。