長袖?ノースリーブ?ウエディングドレスの大事な袖選び

二の腕のプニプニやガタイの良さにコンプレックスを抱えているプレ花嫁は、体型をカバーしてくれるスリーブデザイン選びも大切です。
長袖やノースリーブなど種類もあるので、悩みのタネを解消しつつ、オシャレに着こなせるドレスを選んでいきましょう。
 

肩回りのコンプレックスはスリーブデザインでカバー
 
【ロングスリーブ】
露出箇所が抑えられるロングスリーブはクラシカルで上品ある花嫁スタイルにピッタリで、レースや刺繍が施されたスリーブはエレガントさも増します。
 
手首まで覆う10分袖は厳粛な教会に最も合い、腕の中で一番細い部分である手首を露出させる七分丈は、華奢な印象を与えてくれます。五分丈だとラフ感が出るので、ガーデンなどのカジュアル婚にオススメ。
 
二の腕を隠すことはできますが、ピッタリなタイプだと余計に太ってや、貧相に見えてしまうので、いくらか余裕があるものが良いでしょう。
 
 
【パフスリーブ】
肩から二の腕にかけて、パフのような丸みある袖が可愛いパフスリーブは、プリンセスのような甘さを出してくれます。提灯のような丸みはランタンスリーブ。
 
パフよりも大きい丸みが特徴のバルーンスリーブなどもあります。肩に丸みやボリュームを与えてくれるので、イカリ肩やナデ肩女性にオススメです。
 
また、袖部分が短めで二の腕上部までしか生地がないタイプは、二の腕の一番太い位置が露出し太さが強調されてしまうので、二の腕に自信がない新婦は長めのタイプを選びましょう。
 

 
【フレンチスリーブ】
フレンチスリーブは、袖の切り替えがなく肩が隠れる程度の長さが主流で、甘すぎずに大人可愛いを作り上げてくれます。
なで肩や肩幅を盛りたい。脇肉が気になるポッチャリ女性にオススメです。
 
 
【ベルスリーブ】
袖口が広がるベルスリーブは、パゴタスリーブ・トランペットスリーブ・コルネットスリーブなどたくさんの呼ばれ方がありますが、ヒラヒラと揺れる透明感ある生地はエレガントですが、女性らしい柔らかさも演出してくれます。
 
細い手首がチラリと見え、隠れている二の腕まで細く見せる錯覚効果も期待できるので、女性らしい可憐なシルエットを作り上げてくれますよ。
 
 
【ノースリーブ】
袖なしのノースリーブタイプは、袖の後付けや取り外しができるスリーブアイテムにボレロやインナーブラウスを使用して、気軽にイメージチェンジができるなどで、卒花嫁さんにも選ばれているスリーブライン。ノースリーブと言っても、デコルテを露出させるビスチェやキャミソール。胸元を隠すホルターネックやアメリカンスリーブなどデザインは豊富です。
 
二の腕や肩にコンプレックスがあると隠したくなる気持ちもわかりますが、肌見せするノースリーブタイプであっても胸元の装飾やストラップにカットデザインなどによってはスマートに見せられる場合もありますので、ドンドン試着してみましょう。
 
まとめ
 
ブライダルモデルさんたちが素敵に着こなすウエディングドレスをみて、心惹かれて試着してみるも、自身の体型と合わずにドレス迷子になってしまうプレ花嫁さんも多くいます。
 
会場演出やブライダルアクセサリー選びと、プレ花嫁準備に迷いはつきものですが、結婚式開催まで無限に時間はありません。Aラインやマーメイドラインなど、大まかなドレスの種類を決めたら、コンプレックスを綺麗に魅せられる細かな部分デザインで絞っていきましょう。