デコルテを綺麗に魅せるウエディングドレスのネックライン

胸元が大きく開いたウエディングドレスは、女性の美しさをより魅力的に演出し、ブライダルアクセサリーも映えるスタイル。
卒花嫁にも選ばれているデコルテを綺麗に魅せるウエディングドレス定番のネックラインについてご紹介します。
 

女性の美しい骨格で魅せるネックライン
 
女性は男性と違い、骨格が華奢に形成されていますよね。
女性が持つ本来の華麗さを生かした露出多めのドレススタイルも、花嫁のドレス姿を美しいものへ格上げしてくれます。スリーブラインでも魅せることができますが、今回はネックラインを見ていきましょう。
 
 
【Vネック】
胸の谷間がチラリと見えるVネックは、デコルテが綺麗に見え大人の色気や魅力を引き立たせてくれるので、大人可愛いよりも大人綺麗を演出したい花嫁にオススメ。
 
また、胸の下あたりまで谷間が見えるセクシーなデザインのネックラインは、プランジングネックと呼ばれ、見ている男性ゲストは目のやり場に困るなんてこともあるみたいですね。顔が大きいやぽっちゃり丸顔の女性にオススメですが、縦長が強調され、面長のお顔や首が長い新婦には向かないので注意。
 
 
【ストレートビスチェ】
肩のストラップや生地がなく、デコルテの美しさを大胆に露出し袖がないビスチェは夏のウエディングと相性抜群。露出が大胆で、華奢な新婦さんは貧相になってしまい似合わないと感じてしまうことが多いようです。そういった方は、胸元に装飾があるものやボレロやインナーブラウスを着用してみましょう。
 

 
【ハートシェイプドネック】
胸元がハート型にカットされたハートシェイプドネックは、ストレートビスチェよりもハートの丸みが柔らかさを、胸の切り込みはセクシーさを演出してくれ、ガッチリ体型の女性にも合います。ただし、試着した卒花嫁のなかには、胸が小さくパカパカ浮いてしまうや、脇肉の収まりがイマイチといった意見が散見されるので、入念なチェックは忘れずに。
 
 
【オフショルダーネック】
両肩が出るネックラインで袖に生地があるオフショルダーは、ビスチェと違いずり落ちの心配がありません。また、二の腕にコンプレックスがある女性も安心して着こなすことができ、胸元が左右に広がるので、面長の新婦さんの悩みをサポートしてくれます。
 
オフショルダーは可憐なイメージを与えてくれますが、クールな大人女性を演出したい時には、片肩から反対の脇へ斜めに生地がかかっているワンショルダーを選ぶのがオススメです。
 
 
【ホルターネック】
首の後ろで紐などを結ぶホルターネックは、水着やイブニングドレスでもよく見かけます。
ホルターネックには、腕のみが露出するアメリカンスリーブや前で紐をクロスさせて結ぶクロスホルターとデザインがあり、だいたい背中が大胆に開いているので、バックスタイルがとてもセクシーで美しくなります。
 
胸元が開いているのは、胸がふくよかな女性。ハイネックタイプは、ピチピチになってしまうのでスリムな体型の新婦さんの方が似合います。
 
まとめ
 
胸元が大胆に開いたウエディングドレスは、ネックレスやベールなどのブライダルアイテムで、気になる箇所だけカバーしコンプレックスを目立たなくさせることができます。
自信あるところは大胆に露出して、本来もっている女性の魅力でゲストを惹きつけてみてはいかがでしょうか。