エンパイアラインのウエディングドレスが似合う挙式スタイル

Aラインやプリンセスラインは、卒花嫁に選ばれている人気のウエディングドレスではありますが、ナチュラル婚にオススメしたいのがエンパイアライン。
 
大人綺麗から大人可愛い花嫁さん、年齢も幅広く似合うドレスで、女性には嬉しい効果も持ち合わせていますよ。
 

エンパイアラインの特徴
 
バスト下に切り替えがあり、そこから自然なストレートで下へ柔らかく流れ落ちるシルエットが特徴的なエンパイアラインは、古代ギリシャの衣装がモチーフにデザインされており、女神像も身に着けていることで有名です。
 
 
女神様が連想されるエンパイアラインは、花嫁が着こなすことで神秘的で清純な女性のイメージが強くなり、アニメやファンタジー映画で描写されるエルフが身に着けていることから、ナチュラル婚にも合わせやすいウエディングドレスです。
 
 
また、ウエストの位置が高く下に流れる生地が長いので、縦長に見せる効果をもたらしてくれ、背が低くスラっとした着こなしができない、足が短いとコンプレックスを抱える花嫁さんにはオススメ。また、お腹を締め付けることがないので、愛する赤ちゃんを身ごもっている妊婦さんにも安心して着られるウエディングドレスです。
 

 
レースや刺繍。袖付きやVネックなど、ドレス自体のデザインも豊富で、ヘアアレンジやブライダルアクセサリーを上手に選ぶことで、大人っぽい色気あるクラシカル系や清楚で可愛いガーリー系と、なりたい自分に変身できるのも嬉しいポイント。
 
 
また、落ち着きがありながら可愛さを与えてくれるエンパイアドレスは、年齢問わずに清楚や華麗など、女性が本来持ち合わせている魅力を引き出してくれます。
 
エンパイアラインが映えるブライダルスタイル
 
中世ヨーロッパの印象が強く、アンクル丈やミモレ丈のデザインも多いエンパイアラインは、カジュアル婚やナチュラル婚に選ばれているドレスです。
 
 
短めな丈は、屋外で汚れる心配も少ないのでガーデンウエディングに、シンプルなデザインは自然の中の開放感あるリゾートウエディングや森のチャペルでのブライダルにピッタリ。また、小枝モチーフやリーフモチーフのブライダルアクセサリーとコーデすれば、神秘的で爽やかな花嫁になれるのでオススメの組み合わせですよ。
 
 
ナチュラルデザインだけではなく、ゴールドの装飾が胸元にあしらわれトレーンの長いエンパイアドレスはラグジュアリー感があるので、専門式場など華やかな挙式にマッチします。
 
挙式や披露宴に二次会。どんなスタイルのセレモニーにも合わせやすいので、ぜひチェックしてみてください。
 
まとめ
 
エンパイアドレスは、デザインによってどんなコンセプトにも寄せやすいので、ドレスの選択幅が狭まってしまうお腹が大きなプレママも、ドレス選びを堪能できます。
 
プレ花嫁準備は結婚式の楽しみの一つ。人気やトレンドのウエディングドレスばかり気にせずに、ドレスを純粋に楽しみたいという精神で自身に似合うドレスを選び抜いていきましょう。