夏婚のウエディングドレスとブライダルアクセサリー選び

暑い季節に行う夏婚は、季節感も考えてウエディングドレスやブライダルアクセサリーをコーディネートしなければ、暑苦しい花嫁になってしまいます。
涼しげなスタイルとカラーを取り入れながら夏にピッタリの結婚式を開催しましょう。
 

暑い夏には、涼しくスッキリ
 
暑い夏場にマフラーやニット帽を被っていれば、暑苦しくて見るに堪えない心情になりますが、ウエディングシーンであっても同じことですよね。
ボリュームあるタイプや全身を覆うようなデザインのウエディングドレス。
 
装飾がゴージャスすぎて重圧感あるヘッドピースなどは、いくら綺麗でも暑苦しい印象をゲストに与えてしまいます。
また、式場は空調が整備されているとはいえ、季節感を考えてのコーディネートはオシャレポイントになってきます。
 
 
夏に似合うオススメのウエディングドレスは、海をイメージさせるマーメイドドレスや魚の尾っぽのように後ろのスカート丈が長く、前は足が露出しているタイプのフィッシュテールドレス。ミニ丈とミモレ丈など足を出すのも夏らしくて、リゾート地での海外挙式にも映えるドレス達です。
 
 
マーメイドやスレンダーラインなどの細身のドレスを極力避けたいプレ花嫁さんは装飾が控えめでシンプルなタイプのAラインドレスなどをチョイスしましょう。
 
また、二の腕にコンプレックスがある新婦さんは、袖ありで気になる部分を隠しつつデコルテを露出させ涼しさを残してあげてくださいね。
 
夏にピッタリのブライダルアイテム
 
夏を連想させるカラーは海のブルー。ひまわりや太陽をイメージさせる黄色やオレンジです。真っ白いドレスに夏カラーを身に付ければ、夏らしいウエディングスタイルに変身。簡単に取り入れるなら、サッシュリボンがオススメですよ。
また、新婦だけではなく、新郎のブートニアやネクタイと色を合せた夏コーデはセンスあるカップルと評判もアップ。
 
 
他にも、ハイビスカスやマウイローズを使用した、ハワイのレイを思わせるような花冠や夏カラーがベースのブーケ。
太陽の光にキラキラと輝くビジューやジルコニアのヘッドドレスも人気アイテムです。
 
 
トレンドのゴールドも夏になると選ばれるカラーですので、ピアスやネックレスと普段のファッションで取り入れたことがない花嫁もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
 
また、ライトゴールドやホワイトゴールドは控えめな金色なので、ブライダルネイルにも取り入れやすいですよ。
 
まとめ
 
夏のコーディネートでは、風通しが良く汗を溜め込まないような生地のブライダルインナーを選ぶことや、冷房が効きすぎて肌寒い時には瞬時に羽織れるショールやボレロを用意するなど、花嫁が快適に過ごせるように意識してくださいね。
 
また、前撮りのロケーション撮影で、トイレが近くなるので水分をとらないなどの無理も禁物。楽しく自然な笑顔で思い出を残せるように、オシャレだけではなく自身の体のことも考えてあげましょう。