卒花嫁のまつげ事情。つけまとマツエクどちらがオススメ?

ウエディングドレスやブライダルアクセサリーのコーディネート。
ヘアメイクといったプレ花嫁準備はバッチリという新婦さんでも、まつ毛が質素だとアンバランスなダサい花嫁に。つけまとマツエクどちらが卒花嫁に選ばれていてオススメか見ていきましょう。
 

目元メイクが大切な理由
 
華やかな結婚式では普段メイクだと浮いてしまうので、ブライダルでは上品や気品を残しつつも濃いめのメイクが主流。そして、女性の印象を大きく変える目元は注目ポイントです。また、昔は真っ赤な口紅で化粧をアピールするメイクがブームでしたが、2019年のトレンドメイクはヌードメイクなどのナチュラル系。
 
 
卒花嫁にも人気の小枝のヘッドピースやイヤリングとも相性抜群ですが、アイシャドウやアイラインをシンプルにして素材を活かしたメイクにすると、どうしても目元が寂しく華やかさに欠けてしまいますよね。だけど、まつ毛にボリュームがあるだけで、顔の印象が大きく変わってくるものです。
 

 
もちろん、海外セレブのようなラグジュアリー感あるメイクで華やかにしあげたい時にも、まつ毛は大切なパーツになります。
 
卒花嫁はつけまつげ派?まつげエクステ派?
 
ファッションレベルが高くなった女性たちは、つけまやマツエクは馴染みのあるものになってきています。そこで気になるのが、ブラダルではどちらが適しているのかですよね。
 
 
卒花嫁に人気なのは、つけまつ毛で、安くてお手軽が最大のメリットです。
安くても5000円からつけられる「まつエク」とは違い、つけまつ毛は100均一でも買えるくらいリーズナブルなお値段。
ボリュームや長さ調整に適したデザインやラメ入りで華やかさをプラスしてくれるなど、バリエーションが充実しています。
 
 
つけまつ毛を一度も使用したことがない方だと装着に手間がかかってしまいますが、普段から愛用している女性は朝飯前なんて方もいらっしゃるでしょう。そのため、ニーズに応えてくれるアイテムが見つかった場合には、自身で装着し気軽にブライダルメイクとの相性を照らし合わせられます。馴染みのない方で、セルフメイクを選択していないプレ花嫁さんは、リハーサルから式場専属のメイクさんに依頼するがオススメですよ。
 
 
マツエクはサロンに足を運ぶ必要があり、お値段は高くなってしまいますが、まつ毛よりも自身のまつ毛ととけ込み何よりも強度があるのがメリットになります。結婚式ではたくさんの幸せと共に感動が待ち構えていて、涙が誘われるシーンもたくさんあります。つけまつ毛だとポロリなんてトラブルも起こり得ますので、涙もろい女性はマツエクの方がオススメですよ。
 
まとめ
 
まつ毛に装着するのがそもそも苦手という女性は、ウォータープルーフのマスカラでボリュームを足しつつ涙対策をしておくと良いでしょう。また、まつ毛だけではなくカラーコンタクトでも目に力を与え魅力をたしてくれますので、アイメイクや目元のオシャレは色々試してみてくださいね。