将来授かる愛の証へ。ブライダルおすすめのリングピロー

プレ花嫁さんの中には結婚費用を抑えたいと、リングピローを指輪ケースでの代用やレンタル使用を考えていませんか。
リングピローはブライダルだけではなく、将来二人に授かる赤ちゃんの幸せを願うものへと変わっていきますので、購入するのがオススメですよ。
 

赤ちゃんをお迎え。オススメのリングピロー
 
カジュアル婚が増えたことで、ブライダルアクセサリーやウエディングで使用するアイテムの選択肢の幅が広がり、個性的なコーディネートや自分らしい演出が可能になりました。リングピローも結婚式の雰囲気に合わせて、デザイン選びを楽しむことができる小物。
 
 
定番の長方形クッションにリボンが結ばれているタイプだけではなく、かご型や四角形の箱デザイン。ぬいぐるみやキット購入での手作りリングピローまでと、卒花嫁のインスタグラムやブログでは様々な可愛らしいオシャレな画像が掲載されています。
 

 
その中で、オススメしたい1つが、ベビーシューズのリングピロー。
結婚式の指輪交換でのリングピローとして、もちろんゲストの目を惹きつけるアイテムになりますが、式後はファーストシューズとして未来の赤ちゃんとの思い出も重ね、一生モノの大切な宝物へと変えてくれます。
 
 
ファーストシューズは赤ちゃんが初めて履く靴ではありますが、ヨーロッパでは玄関に飾っておくと幸運が訪れるや赤ちゃんが履きに来てくれる(子宝に恵まれる)という言い伝えがあります。オーダーメイドで注文することもできますが、作り方も簡単でハンドメイド作成する花嫁さんもいるみたいですよ。結婚式の幸せをインテリアとしてオシャレに飾りつつ、二人の赤ちゃんをお迎えしてあげましょう。
 
ウエディングの幸せを赤ちゃんへ
 
ブライダルで使用したリングピローは、赤ちゃんのファーストピローとして幸せを伝播できます。ファーストピローとは、初めての枕という意味があり、赤ちゃんの幸せや健康を願うジンクス。
 
 
ビジューやパールなどが施されている長方形のリングピローは、装飾を外して実際に赤ちゃんの頭を乗せるという人もいますが、頭横に置いて記念写真をするだけでも十分結婚式での幸せパワーを贈れるので、自身の好きなリングピローデザインを選んでも大丈夫です。
 
 
結婚式という幸せな時間を共に過ごしたリングピローは、幸福が溢れているアイテム。ママとパパの愛情もつまったファーストピローに優しく寄りそってもらった赤ちゃんは、きっと幸せな道を歩めるのではないでしょうか。
 
まとめ
 
リングピローは、サムシングフォーの一つサムシングオールドとして結婚式を迎える我が子に贈ることで、大人になってからも親として我が子の幸せを願いながら愛を伝えられるものでもあります。そして、孫が産まれればファーストピローとして。この先ずっと親から子へと幸せのバトンを受け継ぐ素敵な絆となるでしょう。