指輪交換を素敵に演出。ブライダルアイテムのリングピロー

プレ花嫁準備でウエディングドレスにブライダルアクセサリーなど新婦が身に付けるアイテム選びも大切ですが、幸せに溢れる結婚式の演出も忘れてはいけませんよね。
愛を誓う指輪交換では、可愛いブライダルアイテムのリングピローがオススメですよ。
 

リングピローの歴史
 
リングピローとは、指輪交換まで新郎新婦の指輪を乗せておく小さなクッションのことです。
歴史は古く、古代エジプトの結婚式で宝石を枕状の台座に乗せていたのが始まり。
 
 
そして、権力あるものへ貴重な宝物などを献上する時にクッションが使用される習慣へと変化し、結婚式での高価なリングはピローの上に乗せ運ばれるスタイルになっていったのです。
 
 
また、リングピローにはリボンを使用して指輪を固定しますが、これは、古代ヨーロッパで行われていた、1本の紐で二人を結ぶことで結婚を表していたのが元となっています。
 
 
リースブーケでも輪というものは、途切れることのない愛を示し縁起の良いものとされています。そのため、リングピローのリボンには「永遠の愛を約束する」という願いが込められているのです。
 
オシャレで可愛いリングピロー
 
厳格な教会では白が基本となり、あまり派手ではないものが定番となっています。
リングピローで見かける形は長方形にリボンがついているものですが、ガーデンウエディングや海外挙式などのカジュアル婚では、可愛くてオシャレなデザインのリングピローが卒花嫁には人気アイテムです。
 

 
生花の魅力を残したブリザードフラワーは華麗に、かご型にグリーンを敷き詰めれば今人気のナチュラルウエディングとの相性も抜群。爽やかな青い海辺のリゾートビーチでは貝殻を使用したリングピローもオシャレにマッチし雰囲気を盛り上げてくれます。
 
 
ディズニーやスヌーピーなど自身の好きなキャラクターのぬいぐるみをチョイスすれば、好きなものに囲まれたウエディングで幸せな気持ちが溢れてしまいますよね。また、和装の神前式でも演出として指輪交換を行うカップルもいます。和装結婚では和柄のリングピローを選ぶことで、雰囲気を崩す事なく楽しめます。
 
 
ウエディングという一生に一度のイベントをより特別なものにするために、オリジナルの手作りブライダルアイテムも人気急上昇中。リングピローは小さめなアイテムなので、購入だけではなく、キッド購入や一から作るハンドメイドにも選ばれています。Twitterやブログで手作りピローの作り方を紹介しているSNSもあるので参考にしてみてください。
 
まとめ
 
指輪交換の演出に華を添えてくれるリングピローですが、よりゲストを楽しませるためにリングピローを運んでくれるリングボーイ・リングガール(リングベアラー)を依頼するのもオススメ。
子供の一生懸命な姿はとても微笑ましく、ゲストが自然に笑顔となれる可愛い演出になること間違いなしです。