レースのあるブライダルアイテムがプレ花嫁の気品を高める

大人綺麗や可愛らしいといった女性にとっての雰囲気づくりは大切ですよね。
ウェディングドレスやベールなどに細やかな刺繍などが施されている、レースのあるブライダルアイテムがプレ花嫁の気品を高めることができます。
 
今回は、レースについてご紹介します。
 

レースの生地で変わる雰囲気
 
レースは、「機械レース」と「手編みレース」の2種類に分けられ、レース生地の種類も豊富で描かれている柄も様々です。
結婚式では、レースは花嫁さんのドレスやウェディングアクセサリーだけでなく、式場のテーブルなど気品ある装飾品として親しまれています。
特に花嫁さんの、ウェディングドレスの一部分がレース生地なのか、総レースによっても印象は変わってきますよね。
 

 
総レース生地のウェディングドレスは、クラシカルであり落ち着いた大人の雰囲気が醸し出されます。
レースの刺繍にはラメ糸が使われることが多く、華やかな結婚式場でも見劣りせず高級感もあり、生地の透け感によっても変化が生まれます。
 
 
そして、モチーフも多数あるため、リーフや花柄、ハートやパターンなどのデザインのチョイスによっても、見栄えが変わり花嫁さんの重要なアイテムになります。
 
レースが装飾されるブライダルアイテム
 
レースが装飾されているドレスだけでなく、ベールやグローブが印象強く感じられるプレ花嫁さんが多いと思いますが、ワンポイントで印象付けるレースアイテムがこの他にもあります。
 
 
まず一つ目は、サッシュベルト。
サッシュベルトを使用する事で、ウエストを細く足を長く見せるメリハリのあるコーディネートを表現できます。差し色としても使えるため、白一色のドレス姿に変化を与えることにもなるので、卒花さんにも人気の高いアイテムです。
 
 
もう一つが、隠れたオシャレのレースシューズ。
足元はウェディングドレスのトレーンが長いタイプだと隠れてしまう事が多いのですが、足元のオシャレも女性としては手を抜けませんよね。
 
 
真っ白なシューズを購入もしくはレンタルする女性は普段使い出来ないと悩むこともあるでしょうが、レースの刺繍が施されているシューズは透け感もアリ、普段使いもできカジュアルな装いにもマッチするお得なアイテム。購入しても失敗したと感じることもないのもポイントが高いですよね。
 
まとめ
 
レース生地で装飾されているウェディングドレスやブライダルアイテムは、プレ花嫁さんの印象を気品あるものへとしてくれます。模様によって大人っぽさや可愛らしさを演出してくれる心強いアイテムですので取り入れてみてはいかがでしょう。
 
ただし注意点もあります。レース生地は細かく穴が開いていますので、指輪やアクセサリーに引っ掛けたり、ネイルなどでレース生地をひっかけてしまい、糸がひっぱられほつれたり破れる場合もあるため十分に注意してくださいね。