1日履いても痛くならないプレ花嫁のウェディングシューズ

結婚式・披露宴・二次会とプレ花嫁は、立ったり座ったり、歩き回り挨拶するといった所作が多く、綺麗に歩くためにも快適なシューズが必要。
今回は、1日履いても痛くならないプレ花嫁のウェディングシューズ選びのポイントについてお伝えします。
 

デザインで選ぶ前にフィット感!
 
長時間履き慣れていないウェディングシューズで過ごすには、デザインで選ぶだけではいけません。
もちろん、ウェデングドレスとのコーディネートは大事ですが、ウェディングシューズの選び方で注意して欲しいのは、フィット感。
 
 
大きいサイズのシューズを履いていると、無意識に脱げないように足の指を折り曲げ踏ん張ってしまうことで、脚への疲労感も大きくなります。
また、かかとやサイドに隙間があると、靴の中で足が滑り靴擦れといったトラブルにもつながるのでフィット感が大切。
 

 
靴を履いた時に、かかとに隙間がなく足が滑らない物を選びましょう。そして、
浮いている感じがしたら、中敷きなど滑り止めでフィット感が必ず出るようにしてあげてください。
 
 
また、歩きやすいデザインのオススメは、足の甲で固定するストラップ付のウェデングシューズ。
前滑りやサイズが大きく脱げてしまうといった心配も少なくなります。プレ花嫁さんの中で、まだシューズ選びにお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。
 
ヒールの高さも安定性でカバー
 
新郎との身長の差を埋めるためや美脚効果で、7㎝以上のハイヒールを選ぶプレ花嫁さんが多いのですが、ヒールの高さやデザインだけを見るのではなく、ヒールの形状も確認しましょう。
 
 
棒状のピンヒールは安定感が損なわれるので普段からヒールを履き慣れていない花嫁さんは、ずんぐりしたチャンキーヒールやアイスクリームコーンが由来とされるコーンヒールを選びましょう。高さがあっても安定感があることで、歩きやすさも段違いです。
 
 
また、レンタル・購入したウェディングシューズを汚したくないからと当日までしまっていてはダメですよ!実際に結婚式で行う所作を試しましょう。歩くや座る、階段の上り下りなど長時間試し履きして、履き心地を確認し痛みが出ないか確かめてくださいね。
 
まとめ
 
ウェディングシューズの選び方のポイント。
 
・かかとが浮かない
・つま先に余裕がある
・足底にフィット感がある
 
上記ポイントを参考することで、安定感のあるシューズが選べます。
シューズ一つで美しい歩き方で、背筋も伸び綺麗な花嫁姿をゲストへ魅せられますので、素敵な一足をぜひ見つけてください。