ウエディングドレス姿を綺麗に魅せるオススメのストッキング

ウエディングドレスは花嫁の美しさを引き出す主役アイテムですが、脇役であるブライダルアクセサリーやヘアメイクも慎重に選ばないと、ダサい花嫁になってしまいますよね。ストッキングも大切なアイテム。卒花にも選ばれているオススメタイプを紹介します。
 

ストッキングの丈の長さは?
 
 
卒花嫁に選ばれているストッキングは足全体をカバーするフルレングスタイプよりも、着脱が負担にならず通気性の良いセパレートタイプ。セパレートタイプがウエディングでは主流ではありますが、膝上膝下どちらが良いか迷ってしまいますよね。メリットとデメリットを理解して、マーメイドタイプやプリンセスララインなど自身のドレスとの相性を考えていきましょう。
 
 
最近卒花嫁に選ばれているストッキングは膝下タイプ。
ズレてしまってもササっと直すことができ、生地に覆われる箇所が少なく快適さも選ばれる理由。
普段から膝下ストッキングを利用する女性も多く、履きなれしているのもポイントが高いですよね。
 
 
ドレスがミモレ丈だと階段の上り下りで素足が覗いてしまう危険性があり、ミニ丈ドレスだと当然不釣り合いですが、トレーが長いドレスやアンクル丈では事足りると考える新婦も多いのです。
 
 
膝よりも上のロングストッキングは未経験者が履くと多少違和感を抱きやすい長さになります。しかし、足が露出するミニ丈ドレスだけではなく、アンクルやロングトレーンドレスでもメリットがありますよ。
ガーターベルトやガーターリングを使用することで、ずり落ちてくる心配をせず、安心して挙式や披露宴を迎えられます。また、ガーターリングはセクシー演出のガータートスや青いリボンを付けてサムシングブルーのジンクスにもピッタリ。
 
 
そして、なによりもブライズルームでの衣装替えで下着姿になったとしても、鏡に写るセクシーでオシャレな姿はモチベーションをアップさせてくれますよ。また、ガーターレスストッキングも良いですが、シリコン素材で留めるタイプが多いので、痒みなどの肌トラブルには要注意。事前にチェックすることも忘れないでくださいね。
 
選ぶカラーはベージュ?白?
 
宗教を重んじる教会や大聖堂での挙式では、女性の清純さが大切とされ肌の露出を控え純粋無垢の象徴でもある白色が基本とされています。そのため、厳粛な会場では白色のストッキングが無難です。
 

 
最近ではガーデンやレストランでのカジュアル婚が好まれ、ベージュを選ぶ花嫁さんが多くなっています。
ベージュは普段目にする色ですが、白はあまり見かけませんよね。
そのため、白だと違和感があるや普段使用しているストッキングをそのまま着用して節約したいという理由から選ばれています。
 
 
もちろん、せっかくのウエディングなので白に統一したいというプレ花嫁は白を選択しても問題ありません。
カラーはどれにするかは、ドレスとのコーディネートの相性で選びましょう。
 
 
また、会場が薄暗い場合にはベージュだと黒みがかった色に見えてしまい、屋外や光の強い会場では白色だと色とびしてミスマッチな印象になってしまうこともあるので、オシャレなバランスと共に会場との相性も考慮しておくと良いですよ。
 
まとめ
 
ストッキングは、実用性を兼ね備えつつ女性を美しくしてくれるブライダルアイテム。
むくみ防止のために着圧機能があるもの、ミニ丈ドレスでのより足を綺麗に見せるためにエアーストッキングとストッキングのダブル使い、ラメ入りストッキングでより華やかに演出する卒花嫁さんもいます。ストレスで負担を感じることなく、快適に過ごせる機能を考えつつ、結婚式スタイルと相性抜群のストッキングタイプを選んでくださいね。