軽視すると大惨事!ブライダルストッキングの選び方ポイント

普段ストッキングを着用しているプレ花嫁さんは、締め付け感やまとわりつく感じに慣れていることから、ブライダルで使用するストッキングを軽視してしまいがち。
ポイントを押さえて選ばないと幸せな1日が残念な記念日になってしまうので要注意です。
 

フルレングスタイプは負担が大きい
 
普段、仕事や外出で履かれるパンストはお尻まで覆うフルレングスタイプだと思いますが、着脱の不便さから結婚式には不向きとなります。
 
 
花嫁さんを美しく華麗に魅せてくれるブライダルアイテムの主役でもあるウエディングドレスは、厚みや重さも十分にあるので普段着よりもトイレが一苦労になります。
 
 
挙式前や披露宴前。お色直しのタイミングでブライズルームにてトイレを済ませることができれば良いのですが、生理現象となれば、いつ行きたくなるのか分かりませんよね。
 
 
我慢するという選択は、体調を崩してしまう原因となるので賢明ではありません。
突然のトラブルにも対応できるようにストッキングはセパレートタイプがベストなのです。
 

 
そして、ストッキングは焦りながら着脱することで、ブライダルネイルや指輪といったブライダルアクセサリーに思わず引っ掛けてしまうことも。低い位置に伝線がおこれば、動くたびに見えないか心配になり、お姫様抱っこの演出がある場合はゲストに見られないかハラハラしてしまい、心から楽しめなくなってしまいます。
 
 
また、伝線した状態が人に見られるわけではありませんが、綺麗にバッチリ決めたいブライダルではモチベーションも下がってしまいます。
 
 
セパレートタイプであれば伝線した片足だけササって変えられるのもメリット。他にも通気性が格段に違うので、結婚式も快適に過ごせますよ。
 
卒花嫁が選ぶストッキングポイント
 
卒花嫁が実際に経験した結婚式の落とし穴は、プレ花嫁にはためになる貴重な情報ですよね。その中でも、軽視されがちなストッキングは、適当に選んでしまって後悔したという卒花嫁の失敗談も多くあります。
 
 
新たに購入するのが手間に感じ、腰やお尻まで覆うタイプを代用するのは絶対にNG。セパレートタイプでも膝下丈の人気があるようです。ただ、当日下がってくるのが心配で口ゴムの締め付けが強いタイプを選んでしまうと、痛みやかゆみが出てしまうのでベストな締め付け感のものを選ぶようにしてくださいね。
 
 
そして、厚い生地のドレスの下は予想よりも蒸れてしまうのを知っていますか。通気性が悪いと、ベタつきが気持ち悪く不快感をあじわうことになります。少しお値段が張ったとしても、涼しい設計のストッキングをチョイスしましょう。
 
 
挙式での長時間の立ちっぱなしに加え、なれないヒールを履いていることで足がパンパンに。特に、ショート丈で足を露出するウエディングドレスでは、ガッカリふくらはぎになるのは避けたいものです。また、挙式だけではなく、披露宴や二次会を控えている新婦にも着圧ストッキングはオススメですよ。
 
まとめ
 
ストッキングはフォーマルな場面では身に付けるのが礼儀とされていますが、女性を支えてくれるアイテムでもありますので、格安通販などで適当に探し粗悪品を買わないように要注意。
 
ゲストに見られるブライダルアクセサリーも大切ですが、シルエットを美しく魅せてくれるブライダルインナーやストッキングは、女性の体型や心までもサポートしてくれるものを選ぶようにしてくださいね。