大人女子のプレ花嫁はスレンダーラインのウェディングドレス

大人女子の雰囲気があるプレ花嫁さんは、プリンセスラインのウエディングドレスをチョイスして可愛らしさを出すよりも、タイトなシルエットで身体の曲線を魅せる「スレンダーライン」がオススメ!スレンダーラインの形やゲストに与える印象などをご紹介していきます。
 

スレンダーラインの特徴
 
プレ花嫁さんの中には、ひらひらしたボリューミーなウェディングドレスよりも、シックに大人らしいドレスをチョイスした方が似合ってる場合も当然あります。
 
 
高身長でスラーっとしたモデル体型の女性であれば、可愛らしさよりも全体的に細くタイトですっきりとしたシルエットの方が綺麗に魅せられますよ。
 
 
また、スレンダーラインは他のドレスよりも裾さばきが楽に行え、日常でロングスカートを履いている気分で動けるので楽といったポイントも嬉しいと思いませんか。
 
 
ガーデンウェディングなどのカジュアル婚であれば素材をサテン生地ではなく、シフォンやオーガンジー素材にすることで透け感や柔らかさが際立ち、シックよりも軽やかな表現が出来ます。
 
 
また、教会での挙式を控えているのであれば、サテン生地で光沢感ある素材がより大人の魅力を増してくれ、会場の雰囲気にもマッチするためオススメです。
 
スレンダーラインとマッチするヘアスタイル
 
ヘアスタイルは、華やかなドレス姿の花嫁さんの印象を左右する重要なポイント!
卒花さんのInstagramやFacebookで写る姿は、シニヨンスタイルやハーフアップが多く、ふわっとしたスタイルが人気が高いですよ。
 

 
心がけるポイントは、ボリュームを出し過ぎないことです。
ドレスにボリュームがないのに、ヘアセットにボリュームが行ってしまうとアンバランスにもなりますので注意しましょう。
 
 
また、ロングヘア―で髪質が綺麗なプレ花嫁さんであれば、巻き髪にせずストレートヘアを活かしたスタイルも素敵に見えます。オールバックや、サイドヘアーにコームを差し込むなどのアレンジだけでも、シックでスタイリッシュな大人の魅力ある姿になりますよ。
 
まとめ
 
大人女子の魅力を押し出したいプレ花嫁さんは、可愛らしいAラインやプリンセスラインの定番ドレスよりも、スレンダーラインのウェディングドレスがオススメです。
 
 
装飾が少ない分、ブライダルアクセサリーなどの素材がキラッと輝くので、ダイヤモンドやパールといった統一感あるアクセサリー選びも重要となります。上手に使えばアクセントになるので、地味目な印象も払拭できます。