結婚式のおまじない。サムシングボローでの借り物のお礼

結婚式の幸福のおまじないサムシングフォーは、卒花嫁に選ばれているジンクス。
サムシングブルーやサムシングオールドでも悩みは尽きませんが、借り物を意味するサムシングボローでプレ花嫁が悩みやすいポイントについてご紹介します。
 

サムシングボローのお悩みポイント
 
サムシングボロー(something borrowed)とは、幸せな結婚生活を送る先輩花嫁から借りたものを身に付け、縁起にあやかり自身の夫婦生活を幸福へ導くという願いです。
 
 
借りる相手は家族や友人となりますが、サムシングオールド(なにか古いもの)では母親から譲り受けたアイテムを身に付けるのが定番となるので、サムシングボローでは友人や信頼する人から借りるのが一般的。また、借りた相手へ、「これから末永く素敵な関係を気づいていきましょう」といったメッセージも含みますので、借りる相手は親密度の高い相手がオススメです。
 
 
ただ、自身を気遣ってくれる親切な方だと、それほど親しい間柄ではないけれど「貸してあげるよ」と言ってくれる場合もありますよね。サムシングボローは、「何か借りもの」ということなので、知人程度や先輩後輩の関係であっても問題ありませんが、縁起を担ぎたいカップルは貸主が夫婦円満なのか、話を聞きだしておきましょう。
 
 
サムシングボローは、あくまでもジンクスです。結婚式費用を抑えたいや節約したい花嫁は、貸主の気持ちに甘えてしまった方が賢明ですよ。
 
借りるアイテムやお返しの方法
 
サムシングボローでは、自らが尊敬や信頼できる相手へ貸して欲しいと依頼することが多くなります。そこで、借りるものは簡単に貸し借りできる、例えばグローブなどの小物がオススメ。実際に卒花嫁が借り物として選んだのは、ハンカチが多いようです。高価なジュエリーは扱いが恐る恐るになってしまいますし、大きさのあるドレスは運搬にも手間がかかるので、ハンカチが人気の理由がわかりますね。
 

 
そして、サムシングボローで多い悩みが、お礼の方法やお返しとなる品物の選び方です。
純粋にあなたの幸せを願いブライダルアイテムを貸してくれる人の中に、お礼目当てで恩着せがましく貸す人はいないでしょう。とはいえ、感謝の気持ちを相手に示すことも大切。
 
 
借りた相手へお礼をする時には、お菓子の詰め合わせや商品券が無難で、金額は独身や子持ちを考慮しながら3000円~5000円で選びましょう。ただし、借りた物が高額の場合には、自身で用意したら本来かかるはずであった費用の1割程度を考えておくとベストですよ。
 
まとめ
 
幸せが大きくなればなるほどに、ウエディングや式後の夫婦生活に不安を感じる新婦もいます。
サムシングボローという名のおまじないは、縁起担ぎだけではなく、勇気や自信を与えてくれる不思議なもの。
トレンドやお気に入りでブライダルアクセサリー選びも楽しいですが、絆厚く心が元気になれる素敵なアイテムも取り入れてみてくださいね。