ウエディングで取り入れたい4つの幸せサムシングフォー

サムシングフォーとは、ヨーロッパに古くから伝わる花嫁の幸せを願ったジンクス。
新郎が新婦のためにサプライズでアイテムを準備するのも人気です。
永遠の幸せを願うプレ花嫁だけではなく、新郎の方もウエディングで素敵なおまじないを取り入れてみませんか。
 

サムシングフォーとは
 
Something Four(サムシングフォー)のおまじないはイギリスの動揺「マザー・グース」で登場する詩が由来となっています。
マザー・グースの詩にはサムシングフォー以外にも、「結婚式に向かう花嫁の左靴に6ペンス銀貨を入れる」というジンクスも語られています。
 
 
そのため、今でも6ペンス銀貨はブライダルでも愛されているアイテム。
花嫁自身で用意するだけではなく、友人から手作りネックレスなど、サプライズでプレ花嫁にプレゼントされることもあります。
新たな道を歩む二人に、幸せになって欲しいという願いを形にして贈るのも素敵ですよね。
 
4つの幸せの形
 
【サムシングオールド(Something old)】なにか古いもの
結婚後の生活において経済面での安定を願い、一般的に母や祖母から譲り受けられたウエディングアクセサリーやブライダルアイテムを身にまといます。自身の母親が結婚式で使用していたアイテムを身に付けるということは、ジンクスだけではなく、愛情を感じられ絆を象徴するアイテムでもありますね。
 

 
【サムシングニュー(Something new)】なにか新しいもの
夫婦となった二人は、これから新たな家族を迎え希望ある未来を共に歩み続けます。そんな二人の人生が笑顔で溢れ幸せに満ちるようにと、思い込められているのがサムシングニューです。
 
 
【サムシングボロー/サムシングボロード(Something borrowed)】なにか借りたもの
すでに結婚式を終え、仲睦まじい夫婦生活を送る卒花嫁の借りものを身に付けます。二人のように幸せな生活に恵まれますようにという意味があります。
 
 
【サムシングブルー(Something blue)】なにか青いもの
幸せの青い鳥や聖母マリア様の絵画で良く描かれている青いマント。ブルーは神聖や幸福のカラーとされ、新婦が身に付けることで純潔な花嫁をより引き立たせてくれます。純粋無垢な女性を連想させるカラーのため、あまり前面に押し出さずに人目に触れない場所や控えめに身に付けるのが基本です。
 
まとめ
 
サムシングフォーの願いは、イヤリングにネックレスといったブライダルアクセサリーやブライダルインナーなど日本人にも取り入れやすく人気を集めています。
ジンクスは、挙式でのモチベーションをあげてくれるものですが、自身が親しみを抱く人たちからサプライズでプレゼントされることで、より特別で思いの強いアイテムへと変わってきます。内緒で用意して、新婦のとびっきりの素敵な笑顔を引き出してみてはいかがでしょうか。