ウェディングを華やかに彩るはずのプレ花嫁がドレス迷子!

結婚式場で一番何が華やかでなければならないのと聞かれれば、ウェディングケーキや会場じゃありません。何よりも美しく輝かなければならないのは花嫁!
今回は、プレ花嫁が陥りやすいドレス迷子になっちゃう理由についてお伝えします。
 

ドレス迷子になりがちな理由
 
プレ花嫁がドレス迷子に陥りやすい理由はズバリ!
普段着感覚で、自分好みの衣装をチョイスしてしまうからです。
 
 
ウェデングドレス選びの重要なポイントは、自身の体形にアクセサリー。
新郎とマッチした衣装併せ、会場の雰囲気にまで相性があります。
 
 
オフィスに合わせたTPOがあるように、結婚式にマッチしたTPOもあるんです。
厳粛な教会などで、ミニ丈ドレスはまず浮きますよね。
 
 
そもそもマナー違反になるのでチョイスはしませんが、逆にガーデンウェディングなどのカジュアルウェディングで、ボリュームのあるタイプのドレスをチョイスしてしまうと、ボテッとした感じに見えてしまうこともあります。
 
 
SNSなどで人気となるアイテムが素敵に感じて、トレンドを取り入れようとするのは女性としては大切ですが、なによりも自分にマッチしているかしっかりと考えることが大切です。もし、自身にあっていないドレスやアクセサリーなどで着飾っても、ファッションとしては最悪のコーデになる可能性もあるので注意しましょうね。
 
プレ花嫁が選ぶ最高のドレスとは
 
プレ花嫁が選ぶ最高のドレスは、Aタイプやマーメイドタイプといったドレスの種類の話だけではありません。
 
 
ウェディングドレスの試着に行ってドレス選びに悩む方は、まず試着して似合うと思うドレスがあったら、なぜ気に入ったのか書き出してみることをオススメします。
 
 
素材感なのかデザインや刺繍など、気に入るポイントがあれば、試着を何回かするだけでも、自身に似合うタイプが見えてきます。ただし、複数のレンタル店に足を運ぶ場合に、最高の1着を探すとなるとドレスの選択肢が増える分、衣装を見過ぎてドレス迷子になる可能性もあります。
 

 
ドレス迷子になったプレ花嫁さんは、定員さんにチョイスしてもらいましょう。
お店にあるドレスの中で、花嫁さんの体形や会場など考慮して一番似合うものを選んでくれることもあります。
 
 
注意して欲しいのは、相手も客商売です。トレンドや人気だからといった理由だけで、ドレスを持ってくる店員さんもいるので注意は必要ですよ。ドレス姿の写メなど客観的な意見を言える友人や兄妹・両親などに見てもらい意見を聞いて、最終的な判断材料に取り入れましょう。
 
まとめ
 
似合うドレスが分からなくなってドレス迷子になってしまうと、ドレス選びに多くの時間を割かれて他の用意が間に合わないなんて危険な状況にもなりかねません。
ドレス選びは、以下のようなポイントを参考にしてみてください。
 
 
・ドレスが自分の好みだけで選ばない
・自分の気に入るドレスのポイントを絞る
・結婚式会場にマッチしているか考慮する
・新郎の衣装にも意識したドレス選び
・客観的に判断できる人にドレス姿を見てもらう
 
 
写真や動画にも残るので、ドレス迷子で後悔するウェディングドレス姿を披露しないように気を付けましょう。