プレ花嫁さん必見!足元も綺麗に魅せるウェディングシューズ

お洒落は足元から!ファッションの掟です。
足元はロングドレスで隠れるので、プレ花嫁さんが気を抜いてしまい、写真などに写る姿を見て失敗したと思うこともあります。
後悔しないためにも、足元を綺麗に魅せるウェディングシューズの選び方についてお伝えします。
 

シューズ選びに重要なポイント
 
日本人の足は西洋人とは違い幅広なので、人気のハイブランドだと横幅が狭く長時間の結婚式・披露宴で足が痛くて集中できないことがあります。
自分が履き慣れたブランドシューズでブライダルにも使えそうなものがあれば、まだサイズ感も分かってるので利用できますが、サイトで一目惚れして買ってしまうと失敗にもつながるので気を付けましょう。
 
 
また、歩きやすさを確認することも重要です。汚したくないからといって、式当日に履いて靴擦れしてしまえば、気になってしょうがなくなりますし、座る・立つ・歩くといった所作を披露宴では何回も行うので、歩きやすさの確認は忘れずに。
 

 
ヒールの高さも選ぶポイントになります。新郎との身長差を埋めるために、ビジネスシーンなどでは低いヒールに成れている花嫁さんが、結婚式で15㎝など高いヒールを履いて足をひねってしまったといったトラブルになれば最悪。ピンヒールよりは、チャンキーヒールなど安定感のあるシューズを選ぶことをオススメします。
 
透け感ある靴下でさらに可愛さプラス
 
素足にシューズを履けば汗も掻くし、滑りやすいと歩きにくくもなり透け感のある靴下を履く卒花さんもいます。
Instagramなどに写る花嫁さんの足元が写ってないこともあるので、あまり知られていませんが、透け感のあるショートソックスなどはストッキングよりも煩わしくないので使いやすいアイテムです。
 
 
また、ドレスのモチーフに揃えてハートやフラワーをチョイスすれば、可愛らしさもプラスされ上品で繊細さも演出できるので女性らしさも、おしゃれ度もアップします。
 
 
ナイトウェディングでは、白のレースソックスよりも黒のレースソックスをチョイスするなど、時間帯で変化を付けるのも素敵女子に魅せるポイント。
 
まとめ
 
プレ花嫁さんのウェディングドレスに合わせたウェデングシューズ選びは、デザインが気に入っても、自分の足のサイズに合っていないシューズは除外しましょう。
ガーデンウェディングなどのカジュアル婚であれば、新郎新婦共に新郎が好きなメーカーのスニーカーを選ぶなど、遊び心があっても問題ありません。