ブライダルブーケに選ばれている人気カラーやオススメの種類

綺麗に咲き誇る花々は種類やカラーイメージによって大きく雰囲気を変え人の心を楽しませてくれるものです。
結婚式でも彩りを添えてくれるブライダルブーケは大切なアクセサリー。
卒花嫁に選ばれている人気の色や雰囲気に合うオススメの種類をご紹介致します。
 

ピンク系と白は根強い人気カラー
 
ブライダルブーケで選ばれている定番カラーがピンク系や白です。
スイートカラーのピンクは小さい子供から大人まで女心をくすぐる人気色。
 
 
鮮やかなピンクで統一すれば可愛さを前面に押し出せ、淡いピンクや薄紫のニュアンスカラーの組み合わせは、可憐さを残しながら清楚な雰囲気を作り出します。
ピンク系のブーケで使用される花の種類はエレガントなバラや和装にも使えるシャクヤクに甘さ残るチューリップなどです。
 
 
可愛いピンク系であっても、濃いピンクのバラをふんだんに使ったものは大人綺麗でラグジュアリーやエレガントに、グリーンを混ぜることでナチュラル可愛い印象を与えてくれます。
 
 
結婚式のイメージカラーである白系のお花は、様々なドレスと合わせやすい色でもあります。
オフホワイトなどのワンカラ―で統一したブーケであれば、ドレスの純白な神聖さをより美しく際立たせてくれますが、グリーン系と合わせても柔らかいピュアさを添えてくれます。
 
 
白系で人気の花の種類は華やかなバラやコチョウランに可愛さあるガーベラやピンポンマムです。
ナチュラルウエディングを好むカップルが増えたことで、ガーデンウエディングなどではクラッチタイプのブーケに、カスミソウといった野花やカラーと呼ばれる花びらのような大きい仏炎苞(ぶつえんほう)が人気急上昇中です。
 
幸せを願う爽やかなブルーとトレンドグリーン
 
聖母マリア様の象徴ともいわれているブルーは、新郎新婦の幸せを願うという意味を持っています。
 
 
結婚式で花嫁に幸せを願い青いアイテムを持たせるというサムシングブルーという言葉がある通り、アクセントにサッシュベルトやシューズに取り入れる方法もありますが、さりげなくイヤリングやヘッドドレスに、白ベースのブーケの差し色としても上品かつ清潔に見せてくれます。青バラも豪華で素敵ですが、紫陽花や小さくて可愛らしい淡い水色のブルースターもオススメです。
 

 
トレンドのグリーンは花と同じくらいのボリュームがある葉っぱや茎と合わせるのが人気。
持ち手となる茎を長めにしたクラッチブーケやリースであればグリーンを取り入れやすい。
 
 
また、鮮やかな花たちと緑の相性は抜群で、バラなどの定番フラワーだけではなくひまわりやアネモネといった色々な花と合わせやすいのが特徴。大振りな花をメインにしても緑が広がるブーケはナチュラルを残してくれますよ。
 
まとめ
 
ウエディングでは失敗したくないとあまり冒険しないプレ花嫁もいらっしゃるでしょう。
ブーケ選びはトータルコーディネートのバランスも大切ですが、自分が好きな花や思い入れある花々に囲まれて、結婚式で心リラックスして自然と笑顔になれるお花を選択することも忘れてはいけませんよ。