ブライダルインナーのオススメ色やドレスに合った選び方

ブライダルインナーの色はホワイト系とベージュ系が定番ですが、最近ではトレンドのシャンパンゴールドも人気があります。
ブライダルインナーの種類やデザインだけではなく、カラーもドレスの素材や形との相性を考えた選び方がオススメですよ。
 

ホワイト系が勧められる理由
 
ショップでよく勧められるインナーカラーはホワイト系。
その理由は、白いドレスからはみ出したとしても目立たないからです。
花嫁さんも開始から終わりまで直立不動なわけではありませんよね。
 
 
移動の際にドレスがズレてしまうや、デコルテラインを綺麗に見せる胸が大きく開いたドレスではお辞儀の時に谷間からブライダルインナーが見えてしまうトラブルも起こります。
そうした時に、ベージュ系ではとても目立ってしまうのでホワイト系を着用していると安心というわけなのです。
 
 
ホワイト系にもメリットがあるようにデメリットもあります。
ウエディングドレスの生地がオーガンジーやシフォンなど柔らかくて透け感がある素材でホワイト系のインナーを着用した場合、屋外で行うガーデンウエディングや海辺の結婚式では太陽の強い日差しでインナーラインが浮かびやすくなります。
 
 
そのため、上下の色がバラバラだとドレスの色味もちぐはぐに見えてしまうので、ガードルやフレアパンツもカラーを統一し、肌に近いオフホワイトを選びましょう。
また、野外だけではなく、照明が強い会場でも透ける心配があるので式場下見の際に確認しておくと良いでしょう。
 
ベージュ色を選ぶ時の注意点
 
ベージュ系はホワイト系と違い肌と近い色合いですので、オフホワイト同様に透ける心配が少ないのが特徴。外でのセレモニーでは心強いカラーです。
また、ホワイト系と違い黄ばみが目立ちづらいので長期保管もしやすく、友人の結婚式にゲストとしてパーティードレスを着用や普段使いを考えている方はベージュ系がオススメです。
 

 
ベージュ系を選ぶ際の注意点は、フィッティングの時に様々な動きを取りインナーが見えていないか入念なチェックを怠らないことです。せっかく素敵なコーディネートを完成させても、ベージュがはみ出たウエディングドレス姿では全て台無しになってしまいますよ。
 
まとめ
 
ブライダルインナーは体型補正に頼りになるブライダルアイテムですが、ドレスの下に着用するものだからと安易に考え選んでしまうと、ダサい花嫁姿になってしまいます。
また、安価なものだと素材が肌に合わず痒くなる、きつく締め付けられ体調が悪くなってしまうこともあるので、事前に1日着用して着心地を確認しておくのもオススメ!