ウェデングアクセサリーのグローブで与える魅力的な印象

花嫁さんの必須アイテムのグローブはウェデングアクセサリーの中で、印象がガラッと変わるアイテム。厳粛な結婚式ではロンググローブ。
 
カジュアル婚ならショートグローブなど、選び方ひとつで魅力的な印象を与えるアイテムのグローブについてお伝えします。
 

悩み過ぎるとハマるグローブ選び
 
グローブ選びのポイントとなるのは、素材と長さ。
素材は、サテン、オーガンジー・シフォン、レース、コットンレース。
長さは、ショート、ミドル、ロングの3種類。
 
また、カラーもホワイト、オフホワイト、アイボリーがメインカラーとされます。
これだけ選ぶポイントがあり、デザインも違えば悩み過ぎちゃうのも当然ですよね。
 
まずは、グローブ選びで絶対に押さえておきたいポイントからお伝えします。
 
・ウェディングドレスと違う色味はNG!トータルバランスが崩れます。
・軽やかなチュールやシフォンドレスには、重厚感があるグローブはマッチしない。
・大聖堂など厳粛な教会式では、肌の露出は控えるので長めのグローブを着用。
 
このようなポイントが結婚式で使用するグローブ選びの第一条件です。
ホテル式やガーデンウェディングなど会場によっては、それほど衣装に対しての制限が厳しくないのでバリエーションを楽しめるといった特徴もあります。
 
グローブとドレスの相性
 
結婚式では手元がクローズアップされる瞬間も少なくはありません。
結婚証明書にサインを書いたり、指輪交換をしたりウェディングケーキを入刀する場面など、ゲストから注目をされるシーンで目に入る機会も多く、グローブ選びが重要になりますね。
 
 
ホテル式などでオススメなのが、オーガンジーショートグローブ。刺繍やビジューなどが施されているものが多いため、ドレスにアクセントを加えることもでき透け感があるのでネイルや結婚指輪を見せることが可能となります。
 
またカジュアルなガーデンウェディングやレストランウェディングの場合には、フィンガーレスグローブで指先を出して指の長さや華奢な指先を綺麗に見せられるテクニックも素敵ですよ。
 

 
また、コンプレックスの二の腕のお肉を上手に隠すために役立てるには、ロングタイプを付けて隠そうと考える花嫁さんもいますが、ロングタイプは逆効果でお肉がはみ出し余計に目立ってしまう事に!コンプレックスを隠す場合には、肘下丈ぐらいまでのグローブを使用してコンプレックスに注目されないようにしましょうね。
 
まとめ
 
結婚式で注目を浴びる手元を、会場の雰囲気やトータルコーディネートを意識しつつもネイルアートや結婚指輪も綺麗に見せられる方法は、上品かつエレガントな女性らしさを魅せる大切なアイテムです。
しっかりと花嫁さんにマッチしたグローブを選びましょうね。