ブライダルアイテムなど結婚式でかかる費用ってどれくらい?

結婚式をいざ挙げようと新郎新婦で話し合う場合、まず決めなければいけないのが、自分たちで行える規模と予算の把握になります。
準備段階で予算がはみ出してしまえば結婚後の暮らしで我慢してしまう事もありますので、ちゃんと費用について基本的な情報は知っておきましょう。
 

結婚式の費用
 
全国での平均した結婚式費用は約350万円だと言われています。
オプションを付ければ金額は数万~数十万円単位で膨れ上がっていきますので、予算を考えずに行えば貯金も底をついてしまうため注意が必要です。
 
結婚式後のハネムーンや二人で生活する新居での家具などにも影響してきますので、結婚式で掛かる費用は一つずつ考えなければなりませんよ。
 

 
【挙式】
10万円~30万円以上。挙式のスタイルや生演奏に生花のランクによって金額が変わってきます。もちろん、挙式する場所によって値段も変わるので有名な式場を選択すれば金額も高くなります。
 
 
【衣装】
新婦のウェディングドレスが式場レンタルで約20万~30万円。カラードレスもほとんど変わらない金額。そして、新郎のタキシードが10万~15万円。
持ち込みが可能な式場であれば、数万円まで費用は削減できます。
また、アクセサリー類はネットショップなどで購入すれば、数千円から数万円で揃えることもできバリエーションも豊富。
 
 
【料理・飲料・生花】
130万~150万円以上。コース料理もフレンチや懐石などになれば高額にもなり、飲み物も種類を増やせば値段が上がります。アルコールを飲む方もいるので、飲み放題にしておくのが無難です。
 
 
【写真・動画撮影】
結婚式・披露宴の写真撮影を行ってもらう場合は約20万円。カット数が増えれば金額も上がります。またスナップ写真ではなく、スタジオで家族写真や集合写真を依頼するとプラス15万円ぐらいの予算を見込んでおく必要性があります。
最近では動画撮影も人気が高く、こちらも約20万円かかります。
写真や動画撮影を式場が抱えるプロに頼まず、外注依頼することができれば割安になります。ただし式場によっては外注への依頼がNGといったケースもあるので気を付けましょう。
 
 
【引出物・引菓子】
こちらは一人当たり引出物・引菓子を併せて5千円から数万円。ご祝儀金額に見合った引き出物を準備することはマナーですので、ゲストの年齢や想像されるご祝儀の額によって品物の内容や金額に差をつけ贈り分けします。
 
 
まとめ
 
これはあくまでも目安であり、今回挙げた金額よりも安く済ませる事も可能ですし、それ以上費用が掛かってしまう事もあります。
そのため、新郎新婦でよく話し合い二人で行える身の丈に合った無理のない範囲での最高のおもてなしをしましょうね。