ファミリーウェディングは素敵ブライダルアクセサリーで演出

おめでた婚(授かり婚)など特別な理由があり結婚式をできなかった人が、余裕が生まれ結婚式を挙げるファミリーウェディングが増えています。
 
出産後であれば、ママの体形が戻りウェディングドレスやブライダルアクセサリーのチョイスも豊富になり、素敵な結婚式を演出することが出来ます。
 

 
ファミリーウェディングとは
 
ナシ婚を選ぶカップルの中には、結婚式費用が高すぎて諦めたり、妊娠し結婚式よりも産まれてくる赤ちゃんのために貯金しておきたい。
このように特別な理由があり、結婚式を諦めてしまうカップルもいます。しかし、数年経過して暮らしに余裕が出来たら結婚式を挙げるファミリーウェディングをする方が増えています。
 
 

 
 
赤ちゃんのお披露目をする要素もあり、ドレスやタキシードを着たお子さんとパパ・ママが一緒に登場するだけで和やかな結婚式になります。
また、幼稚園に入園する3~4歳頃であれば、リングボーイやベールガールといった演出に登場してもらうだけでも、お子さんにとって結婚式の印象も強く残り、家族で貴重な体験をした記憶にもなるでしょう。
 
出産後に体型を戻すためには時間が必要!
 
妊娠・出産し子育てといった新たな暮らしは、ママにとってはストレスも溜まり体の変化に付いていくのもやっと!
出産後は特に体が軽くなったとはいっても、妊娠前よりも体重が増えていてビックリ!
出産してすぐに体型を元の段階に戻すのってすごく大変。
 
 
結婚式を挙げるのであれば、体型もベストに戻してからじゃなきゃ嫌だ!
いくらママになったからと言ってウェディングドレスを着るときは、女性として扱って欲しいし、綺麗な女性でありたいというのは女心としては当然ですよね。
 
 
一年二年で体型を元に戻すのは正直言って結構難しいんですよね。母乳を与えていれば、どうしても自分も栄養を考えた食事など、体型をキープすることも大切でダイエットも難しい!しかし、お子さんが大きくなり自分の時間も作れるようになってくると、元の体型に戻すのは難しくはありません。もちろん、規則正しい生活や運動は必要になります!
 
 
それでも、ファミリーウェディングを挙げようと考えるのであれば、1年後や2年後といったハッキリとした目標や期限を決めておくことでダイエットも成功しやすいとされます。そして、ウェディングドレスのカタログやブライダルアクセサリーなどを眺め頭の中でトータルコーディネートを作り上げていきましょう。アクセサリーやドレスを見るだけでもダイエットのモチベーション維持にも繋がるのでオススメします。
 
まとめ
 
ファミリーウェディングは、日々の育児や仕事に追われるパパママにとって、お子さんと一緒に作り上げ、家族としての誓いを立て絆を深める素敵な一日になるようプロデュースしてみてはいかがでしょう。