小顔効果はブライダルイヤリングを生かしたコーディネート

顔の大きさって女性が抱えるコンプレックスの一つ。骨格そのものが大きければ顔を小さくするなんて無理な話でもあるため、少しでも小顔に見せたいと思う女性は少なくはありません。結婚式での小顔効果はブライダルイヤリングを活かしたコーディネート方法をお伝えします。

 

小顔効果はイヤリング

 

顔を小さく見せようと、ヘアスタイルやメイクアレンジで小顔効果を発揮することも出来ますが、もっと簡単に小顔効果を手に入れられるんですよ。

それは、耳元のオシャレ!

 

耳は顔に一番近い部分。この耳につけるイヤリングデザインのチョイスによって小顔効果を発揮させられます。顔の横に大ぶりなイヤリングがあると、そちらに視線が集まりやすいんです。また、耳にぴったりつくイヤリングよりも、耳にぶら下がるタイプのイヤリングを選びましょう。

ただし、「顔が大きい」と言っても同じタイプではありません。顔型別に似合うイヤリングのタイプも変わってきますのでタイプ別でご紹介していきます。

 

顔のタイプによって得られる小顔効果

 

丸顔タイプ

 

丸顔の方は、縦に長いぶら下がるタイプのイヤリングがオススメ。間違っても丸型のデザインタイプのイヤリングは付けないようにしましょう。更に丸みを強調してしまうため注意が必要です!

 

面長タイプ

 

面長タイプの女性の顔は縦のラインが長くなっているので、ぶら下がりタイプのイヤリングは更に縦のラインを強調してしまうため逆効果!面長の方は、丸っぽい耳にピッタリつくタイプのイヤリングがオススメです。イヤリングで小顔効果が出せない場合は、ヘアアレンジをトップにボリュームを出し、キラキラ輝くビジュータイプのティアラなどで視線を集め、ひし形のシルエットを作るようにコーディネートしましょう。

 

ベース盤型(横長)

 

ベース盤型と呼ばれる横に長い顔の場合は、エラが張っている部分などが気になりますよね。そういった場合は、エラの少し上で終わる大ぶりタイプのぶら下がりイヤリングがオススメ。

 

まとめ

コンプレックスから視線を外すことで小顔効果を得られるでしょう。

そのためにも、イヤリングのチョイスやヘアアレンジといった方法を上手に取り入れるのをオススメします。

そして、自身のコンプレックスを洗い出すことも大切です。素敵なウェディングドレス姿を披露するためにも上手なアクセサリー選びを試してみましょう。