ウェデングドレスもお色直しも同じドレスに変化を与える方法

 

結婚式にかける費用を極力抑えたい花嫁さんは、お色直しの後にカラードレスなどをレンタルする費用も削りたい!そんな場合は、ウェデングドレスに変化を与えるだけで、全く違った印象を与えられます。フェミニンから大人綺麗など演出する方法をお伝えします。

 

お色直し後のドレスの費用について

 

チャペルで挙式を終え、披露宴会場に登場し、お色直しして再登場。

ウェデングドレスにカラードレスといった2回の衣装変更を余儀なくされる花嫁さんの中には、カラードレスを着る必要ないと考えてもおかしくはありません。

しかし、一度退場して再度入場する際に何も変化がないと、身内や本当に仲の良い友人だけの会場だとしてもちょっとガッカリ。

 

そんな様に見せないためのテクニックもあるんです。ヘアメイク・アクセサリーを変えることで印象が見違えるので、ゲストもビックリする変身方法を教えちゃいます。

ヘアメイクはウィッグを使えば髪が短い方もロングヘアに変化を持たせることもできるため、チャペルでの挙式中はボリュームアップした髪型にプリンセスティアラをかぶり、大ぶりなビジューネックレスなどお姫様アピール。お色直し後はウィッグを外し、パールネックレスなど大人綺麗な雰囲気を作り出すといったバリエーションで変化を起こすことが出来ます。

 

ドレスのイメージを変える

 

ブライダルボレロといったアイテムをご存知ですか?

この一枚があるだけで、ウェディングドレスのイメージを変化させられちゃいます。白のウエディングドレスの上にレースの赤いボレロを羽織るだけでイメージチェンジにもなります。

真っ白なウェディングドレスにカラーの付いた指し色を入れることで、全く違うドレスに見えるため、お手軽に雰囲気をがらりと変えられるのでオススメ。

 

クラシカルな長袖のボレロを着用して肌の露出を控え、厳粛な教会に見合った装いを演出。お色直し後はボレロを脱いで露出を増やして、クリスタルや宝石など美しいアクセサリーを装飾することにより、大人な女性のオシャレさを演出するといった方法もあります。

ボレロには、長袖・半袖・ハイネック・Vネックにオフショルダーの物などバリエーションも多く、一枚のウェディングドレスだとしても装いに変化を生み出すことが容易に行えるのもボレロのメリットでもあります。

 

 

まとめ

 

結婚式に数百万円も掛けたくない。費用をちょっとでも削りたいなど、結婚式で行いたいことは人それぞれの思いがあって当然です。

お色直しの衣装チェンジは絶対条件ではありません。そのため、上手にウェディングドレスの印象を小物やボレロを羽織り雰囲気を変えることも可能なので、ぜひ参考にしてみてください。