結婚式はティアラなし?美しく上品なイヤリングでカバー

豪華なプリンセスティアラやクラウンティアラなしで結婚式に赴く新婦もいます。

カチューシャやコームといった控えめなアイテムを利用する場合には、上品な美しさで会場を魅了し、女性らしさをアピールするブライダルイヤリングについてご紹介します。

 

顔の輝きを引き立たせるアイテム

 

ティアラはウェディングドレス姿を引き立てプリンセスらしさを引き立たたせる最高のアイテムでもありますが、ヘアメイクに力を入れた場合には、頭の上に付けるティアラがない方が、綺麗にまとまる事もあります。そういった方は、カチューシャやコームなどを取り入れることで、ヘアメイクを台無しにしないで綺麗に仕上げることも出来ます。

 

後ろ姿やサイドスタイルでカバーは出来るけど、顔まわりにパーツがないとちょっと寂しい感じがしたらブライダルイヤリングに力を入れてみませんか。

特に、花嫁さんに大人気のタッセルイヤリングは、揺れるたびにキラリと輝くビーズなどが魅力的です。耳元で輝き揺れオシャレな印象を与え、トータルコーディネートをまとまりある高級感溢れた存在に変えてくれます。

 

また、上品な印象でまとめるにはワイヤーイヤリングで、顔周りを明るく仕上げてあげるのもオススメです。大人っぽさを押し出す場合には、イヤリングだけでなくネックレスも真珠(パール)で合わせて使うのがポイント。

 

 

ティアラは必須アイテム?

 

結婚式でブーケ着用時には、ティアラや生花を付けてくださいと言う式場もありますが、実際には、そんな決まりはありません。

海外ではティアラなし挙式も多いので安心してください。日本の式場によってはレンタルを行っている場合に、有料で貸し出したいといった可能性もあるので事前にウェディングプランナーに聞いてみるといいでしょう。当日にレンタルすることになれば、せっかく合わせたトータルコーディネートのバランスも崩れてしまうので注意が必要。

 

事前確認していれば、ヘアメークに力を入れたとしても、邪魔にならない小さなタイプのティアラなどにすれば問題もありません。初めて尽くしの場では、疑問を解消することにより楽しい結婚式・美しいウェディングドレス姿を演出することが出来ます。

 

まとめ

 

顔がティアラ負けしてしまうなど、ヘアスタイルや自身の性格によってはプリンスティアラなどは似合わないと感じる花嫁さんは、コームやカチューシャタイプなどサイドやバックスタイルを華やかにするアクセサリーでカバーし、イヤリングで顔周りを華やかにしましょう。きらきら輝くイヤリングでナチュラルな美しさは上品さを漂わせる花嫁姿を演出してくれることになりますよ。