結婚式のドレスやブライダルアクセサリーの確認に前撮り

 

結婚式を挙げる前に、ウェディングドレス姿を綺麗にプロのカメラマンに撮影してもらいたい新郎新婦は多い物ですが、記念だけでなく本番に向けた予行演習の場として利用するのもオススメ。ブライダルアクセサリーの確認など前撮りの必要性についてお伝えします。

 

前撮りで修正ポイントを見つけよう

 

前撮りを行うことで新婦のメリットは大きく、ブライダルヘアメイクは普段のヘアメイクとは異なり、ゴージャスなドレスに似合ったメイクになります。また、ブライダルアクセサリーを装飾すれば、新婦の華やかさは増します。だからこそ、トータルコーディネートを前撮りで確認することによりトラブルを避けられます。

 

客観的に自分の姿を確認すると、アクセサリーをちょい足しするやヘアメイクの変更も可能になるので、本番に向けてさらに綺麗なスタイルを作り上げられますよ。

また、当日は慌ただしく時間が過ぎていく中で、イメージ像を持っているのと持っていないのでは全く内容の進め方も変わっていきます。ヘアメイクの成功例を会場スタッフに伝えやすいや、フェイスラインを目立たせないなどリクエストを的確に伝えられれば、スタッフと意思疎通も容易くなるのでリハーサルは行っておいた方が良いと言えます。

 

 

デメリットを見つけ出そう

 

撮影中のカットを確認してみて、ティアラが似合っていないなら、コームタイプやカチューシャに変えるなど変更が出来るのが前撮りのメリットです。特に、ブライダルアクセサリーをバラバラに購入した方は、事前にトータルコーディネートでおかしい部分はないか、スタイリッシュに魅せれているかなど確認する事が出来るので、デメリットやコンプレックスをカバーすることが出来ます。そのため、ブライダルアクセサリーなどのアイテムをちょっと多めに揃えておくのもオススメ。

 

前撮りにもメリットだけでなくデメリットも存在します。

それは、式場のセットプランに含まれていない場合には費用が多めにかかり、フォトスタジオや写真館などを利用しても同様に結婚式以外の出費が余儀なくされます。また、式場で行う場合には、当日のスタッフと違うこともあるので、ウェディングプランナーに当日のスタッフの状況や前撮りのOKカットのヘアメイクなど伝言依頼ができるか確認しておきましょう。

 

デメリットもあるため、前撮りをしない新婦もいますが、結婚式本番で自身が思い描いたイメージを伝えられず、仕上がりにガッカリしたといった意見も聞きます。

リハーサルでドレス姿のイメージを作り上げておくだけでも、ケアしたいポイントを理解していれば、スタッフに意向も伝えられるので予算的に余裕がある方は行いましょう。

 

 

まとめ

 

ウェディングドレス・ブライダルアクセサリー・ブライダルヘアといった非日常の衣装に身を包むことは結婚式当日でしか行わないため、全体像をしっかりと見ることも出来ません。式当日にイメージ変更を咄嗟にするのは難しいので、リハーサルで修正しておくのも大切です。