指先までコーディネート!人気のフィンガーレスグローブ

ウェディングドレスのデザインに合わせネックレスやピアス選びも大切ですが、手を美しく魅せるウェディングアイテムのグローブも忘れてはいけません。最近ではブライダルネイルをする新婦さんが増えた事で指先が見えるフィンガーレスグローブも人気です。

 

 

フィンガーレスグローブの魅力

 

結婚式で身に付けるウェディンググローブといえば指先を覆うものをイメージされるでしょうが、最近では手先までおしゃれでいたいと思う花嫁さんが増えた事でフィンガーレスグローブが人気ブライダルアイテムとなっています。

 

フィンガーレスグローブは、指1本に引っ掛けるタイプのグローブで指先が露出している特徴的なデザインです。指先まで華やかに彩りたいとブライダルネイルを取り入れている新婦さんには嬉しいアイテム。また、愛のカタチとして互いに身に付けるマリッジリングを隠す事がないのも嬉しいポイントです。

そして、挙式での指輪交換の際に緊張して焦らずに取り外せるか心配という方にも安心で、披露宴の食事や写真撮影などでの着脱もスムーズに行え利便性に優れているのがオススメポイント。

披露宴でもグローブは必要なのか、いつまで身に付けるべきか悩む心配もありません。

ウェディングドレスに合わせ念入りに選んだ髪飾りやブライダルアクセサリー。そして、グローブやネイルなどのトータルコーディネートはどんなシャッターチャンスも魅力的な姿で残す事が出来ます。

 

挙式によってはアンバランスな場合も

 

主流であった手先を隠すグローブは、結婚式というお互いの愛を誓うフォーマルな儀式ではなるべく露出を控えるべきという考えもありますが、花嫁は純真無垢な存在であるという意味合いを持っています。

指輪交換でグローブを外し指輪をはめるという行動には、「あなたに一生を捧げ共に歩みます」という素敵なメッセージが込められています。

そのため、ナチュラルなガーデンウェディングや披露宴でのフィンガーレスグローブは問題ありませんが、チャペルでの正統派の挙式では指先まで覆ったグローブでないと、ゲストなどに少し違和感を与えてしまうかもしれません。また、教会によってはNGを出している場所もあるのでウェディングプランナーへの確認は忘れずに行いましょう。

 

まとめ

 

ケーキ入刀やブーケトスなど新婦の手元は注目を浴びる機会が多く、フィンガーレスグローブとブライダルネイルとの相性も大切です。またフィンガーレスグローブにも、ロングやミドルにショートと長さの違いもあり、モチーフもさまざまです。ウェディングドレスの形や素材に合ったものや、アクセサリーとの統一感を確認しながら選ぶようにしましょう。