ブライダルジュエリーのカチューシャティアラのオススメポイント

ブライダルジュエリーでヘッドドレスの選択は花嫁さんが一番悩むパーツです。

結婚式・お色直し・二次会などさまざまなシーンで使えるデザインが豊富なカチューシャティアラのオススメポイントについてお伝えします。

 

 

カチューシャタイプの特徴

 

カチューシャタイプのティアラは、クラウンやプリンセスティアラのようなボリュームがないため、シンプルなタイプも人気があります。装飾にはラインストーン、パール、ビジューなどが施されデザインのバリエーションも豊富です。また、ドレスの変更がなくても、ティアラを変更するだけで簡単にイメージチェンジもできるので、あらゆるシーンで使い分けができるのもカチューシャタイプの特徴となります。

 

カチューシャは、女性であれば一度は使用したこともあるアイテムなので、ティアラやクラウンといった付けなじみのない物よりも、簡単に装着できるのが魅力的。挨拶・会釈が多い結婚式で、頭の上の飾りがズレ落ちる心配も少ないのでオススメ。

 

 

髪型気にせず使えるカチューシャ

 

ブライダルジュエリーの中で、ヘッドドレスは女性の髪型で似合う似合わないが出てくるアイテムであることは間違いありません。

その中でも、デザインのバリエーションや付け方で雰囲気を変えることができるカチューシャは万能タイプに属します。

 

特に、ショートヘアはアレンジするのが難しく、花嫁さんの中では悩みの種になることでしょう。

ヘアバンド風のカチューシャやカチュームなどは、パール(真珠)などが装飾され上品な女性らしさを印象づけてくれます。リボンタイプは後ろ姿も可愛く重厚感を抑えたエレガントなドレスにもピッタリ。

スタンダードなカチューシャは耳の後ろで固定するため、着けていると頭が痛くなることもあるようですが、カチュームやリボンタイプは痛くならないので長時間使用する場合も安心して付けていられます。

 

また、ウィッグを使ってボリュームを出すときにも、地毛との境目を隠す役割もしてくれるので、ウィッグの使用を考えている新婦さんにもオススメです。

 

まとめ

 

カチューシャタイプのティアラはバリエーション豊富な髪飾り。そして、頭の大きさや形にも左右されることが少ないので、誰にでも使えるブライダルアクセサリー。

結婚式はプリンセスティアラで登場し、披露宴やお色直しではカチューシャタイプに変更するなど登場シーンに合わせてアレンジも自在になるので、花嫁衣裳の素敵な雰囲気作りに役立ってくれます。