おすすめウェディンググローブの選び方も基礎知識が大事

結婚式では何かと注目される新婦さんの手元。きらきら光るエンゲージリング(婚約指輪)やマリッジリング(結婚指輪)。披露宴ではゲストから見せてとおねだりされる事も多いので、ウェデンググローブ選びも重要なポイントになります。

 

 

ウェディンググローブの重要性

 

ウェディングドレスとのバランスを見てウェディンググローブを合わせて選んでいるため、披露宴などで外すとバランスが崩れてしまう事もあり、グローブ選びはとても難しいものです。

 

ウェディンググローブのデザインは大きく二つに分かれます。5本の指をすべて覆っている、指ありグローブタイプと指先を露出させるフィンガーレスタイプ。

また、崇高な教会で結婚式を挙げる場合は、露出を抑えたロング丈のグローブが必須になります。エンゲージリングやマリッジリングにネイルを魅せたいと思う新婦さんも多くいると思いますが、ロング丈必須になる理由もしっかりとあります。

 

キリスト教式以外でも結婚前の花嫁さんは、けがれがなく純白純真、無垢な存在。肌の露出は望ましくありません。グローブを外すのは指輪交換の時だけで、私はあなたのものになりますという誓いの意味をあらわしていると言われています。

また、式では花嫁の父と新郎も白い手袋を持ちますが、これは花嫁を守る剣の象徴とされています。花嫁の父は、今までこの剣で大切な娘を守ってきたという意味があり、新郎はこの剣で大切な新婦を守っていくという象徴とされています。

 

 

グローブの種類

 

【ショートグローブ】

手首までの長さのグローブで長めの袖があるドレスに合わせると印象映えが良くなります。

カジュアルなドレスが許されている挙式であれば、袖なしや袖が短いドレスに合わせると、カジュアルなイメージになります。

 

 

【ミディアムグローブ】

どんなタイプのドレスにもマッチする万能グローブ。また、腕を細く見せられる効果もあるので、二の腕が…という花嫁さんにはオススメです。

 

【ロンググローブ】

グローブは、長ければ長いほど厳粛な印象になるので、正統派コーディネートが必要な場合は、ロンググローブの着用になります。袖のないビスチェタイプなどでは、ショートグローブよりもロングの方が大人っぽさをしっかりと演出できます。

 

【フィンガーレスグローブ】

崇高なる挙式では使えなくても、披露宴ではこちらのタイプに切り替えて登場することもできます。手元のオシャレを見せたい方は、フィンガーレスタイプやオーガンジー生地のタイプのものを使い分けて手元のオシャレを見てもらいましょう。

 

 

まとめ

 

ウェディングドレスに合わせたグローブは、長さや素材などによって雰囲気が変わるブライダルアクセサリーのひとつでもあります。お気に入りのドレスをより、綺麗に引き立ててくれる素敵なウェデンググローブを探してみましょう。