ブライダルジュエリーで装飾される宝石の意味をご紹介!

ブライダルジュエリーには数多くの装飾された宝石が使用されています。そして、宝石に込められた言葉があります。今回は、宝石に与えられた象徴的な意味をもつ石言葉についてご紹介します。

 

 

ブライダルジュエリーで利用される宝石

 

ブライダルジュエリーの代表格とされるエンゲージリング(婚約指輪)やマリッジリング(結婚指輪)。そこに装飾されるダイヤモンドは、給料3ヶ月分とも言われる価格の高さだけでなく、ダイヤモンドに込められた思いはとても大切な意味があります。

 

また、ネックレスやティアラにヘッドピース・ヘッドドレスといった装飾品にも宝石があしらわれていて、その中にはルビー・サファイア・パール(真珠)など数多くの宝石が使用されています。花言葉と同じで、誰が石に言霊をのせたのか起源は分かりませんが、宝石の輝きや美しさに込められたパワーに希望を抱くことも素敵だと思いませんか。

 

 

宝石に込められた意味と種類

 

リングやネックレスなどで利用される宝飾で多い物の石言葉をお伝えします。

 

【ダイアモンド】永遠の絆・純潔・清浄無垢・永久不変・不屈

【パール】健康・長寿・富・無邪気・純潔・純粋無垢

【サファイア】慈愛・誠実・徳望・高潔・深い海・崇高

【ガーネット】貞操・真実・友愛・忠実・生命力・活力・勝利

【アメジスト】誠実・心の平和・決断・調和・高貴

【エメラルド】幸運・幸福・安定・明晰・満足

【ルビー】情熱・仁愛・純愛・威厳・優雅・勇気・仁徳

【オパール】創造・活力・純粋無垢・希望・幸運・安楽

【トパーズ】誠実・友情・潔白・希望

【アイオライト】誠実・初めての愛・癒やし

【プラチナ(白金)】強い絆・婚姻の約束・永遠

【ゴールド】至福の時・美徳・尊敬

【アクアマリン】幸福に満ちる・聡明・勇敢

【アンバー】誰よりも優しく・家族の繁栄・長寿・大きな愛

【トルマリン】希望・純白・寛大

【ジルコン】穏やかな人間関係・安らぎ・成功

 

結婚式で使用される主な石の言葉は、これからの人生を二人で切り開いていくとても素敵な言葉が並べられています。そして、エンゲージリングやティアラの装飾で最も使用されるダイヤモンドは、やはり結婚式のためにある宝石にも感じられます。

 

まとめ

 

石言葉には古来より付けられた伝統的で象徴的なものだけでなく、今も進化しています。パワーストーンブームや、新種の鉱物が発見されれば、新たに力を宿した存在にもなるので、ウェデングドレスに似合う装飾品だけでなく、言葉からチョイスするのも自身を綺麗に着飾るための楽しみ方です。また、誕生石を調べてみるのもオススメ。リッジリング(結婚指輪)の裏に新郎新婦の誕生石をあしらうなど隠れたオシャレで素敵ではないでしょうか。素敵な宝石や装飾品を纏い素晴らしい結婚式を挙げましょう。