特徴を抑えてウェデングドレス選び!スレンダー?Aライン?

ウェディングドレスの人気のデザインは、Aラインやスレンダーなど様々なデザインの中からチョイスすることができます。花嫁のセンスが一番光るドレス選びは、特徴を抑え自身に似合ったドレスを選択できるようにしましょう。

 

 

ドレスの種類について

 

ウェディングドレスの種類は豊富ですが、【Aライン】【プリンセスライン】【エンパイアライン】【マーメイドライン】【スレンダーライン】に分類され、ウェディングドレス全体のシルエットで種類分けされます。

女性のスタイルによって似合うデザインがありますので、種類の特徴を抑えていきましょう。

 

【Aライン】

アルファベットのAのシルエットのように、ウェストより上の位置で切り替えが入り、裾に向かって広がりがあるドレスになります。

シンプルなシルエットが、クラシカルな気品漂うデザインで、体系を選ばず着用できるドレスなため、多くの女性にチョイスされるドレスタイプになります。

 

【プリンセスライン】

上半身はスリムなデザインで、ウェスト位置からボリュームが大きく膨らむスカートデザインとなります。正統派ウェデングドレスとされ華やかでゴージャスさを演出します。

また、ウェスト部分が広くなるので、マタニティの新婦さんにもオススメします。

 

【エンパイアライン】

プリンセスラインよりもボリューム感や、お腹周りの締め付けがなく、古代ギリシャの女神の衣服をモチーフとされたシンプルなデザイン。幅広い年代の女性やマタニティの方も着用しやすいタイプで、ハイウエストが縦のラインを綺麗に見せるため、身長を高く感じさせる演出も魅力の一つとされています。

 

【マーメイドライン】

ボディラインはタイトなシルエットで、ひざ下からフレアに広がるドレスタイプ。

高身長や細身の方のほうが、より美しく魅せることが出来るデザインとなります。

大人らしさを強調し、ゴージャス感を演出できます。

 

【スレンダーライン】

全体的にボディラインに沿った細身のシルエットデザインのドレス。最もシンプルかつ美しさを演出するデザインとなり、動きやすいので結婚式・披露宴で行動範囲が広い会場などの場合には、この種類のドレスはオススメです。

 

 

まとめ

 

女性の大切な日を、最大に美しく魅せてくれる最高のウェデングドレスを選択するためには、ボディーラインが出るものから隠せる種類など、新婦さん自身のイメージや女性らしさを魅せてくれる最良の一着を身につけましょう。